舟越工務店ブログ

2017年07月17日 【

デッキ板の納め

雨掛りとなる、デッキ。

水に強い木、WRC(ウエスタンレッドシーダー)といえども、

注意するべき部分がある。

できるだけ、水が溜まらないようにするのである。

となると、デッキ床板同士の隙間を確保するのはもちろんのこと、

外壁、サッシなどの取り合い部分も、

隙間をあけて納めるのである。

ところによっては、隅部分、

いわば、出隅、入隅が連続する、、、

そんな箇所も出てくるのである。

そのかたちに沿って、板を成形する、

大工さんによる、丹念な加工が施されているのである。

 

古梁が浮き立つ家 改造2017

2017年07月16日 【

換気の重要性

学校の行事で、

お化け屋敷に参加、する方なのである。

窓の暗幕を閉じ、暗闇をつくる、、、

教室が外気から閉ざされた、

密室状態となるのである。

最高潮に、蒸し返る様な暑さ、、、

思わず、来場者がいらっしゃらない隙に、

少し開口した、、、

冷たい空気がさぁーと、入ってきた。

まさに、換気の重要性を感じた、のである。

 

2017年07月15日 【

VOLKS-nR

見学させていただいた、

VOLKS HAUS の進化形、、、

VOLKS-nR、

コンセプトがある、、、

nRには意味がある、のである。

 

in SHARESラグーナ蒲郡

 

2017年07月14日 【

泊まれる住宅展示場 SHARES LAGUNA GAMAGORI

第32回OM全国経営者会議、、、

3日目は、オプショナルツアー、

ということで、場所を移し、

愛知県蒲郡にある、

最近オープンした、

泊まれる住宅展示場 SHARES  LAGUNA GAMAGORI(ラグーナ蒲郡)

に向かったのである。

14棟の住宅パビリオンと、4棟の小屋がある。

その中に、2棟のOMソーラー関係の建物がある。

ひとつは、VOLKS-nR

もうひとつは、OM-WORKS

と、銘打たれている。

他の建物も、、、

一軒一軒、違う、

いやはや、個性的、

全て見学させていただいたのである。

なかなか、短時間にて、

刺激的な経験であったのである。

 

 

 

2017年07月13日 【

新しい”OMらしさ”の探求

年に一度、全国のOMソーラー加盟工務店が集結する、、、

第32回OM全国経営者会議、

まず初日午後から、開会の挨拶の後、

人気の日本酒「獺祭(だっさい)」の旭酒造の会長の桜井博志さんによる、

記念公演を皮切りに、始まった。

そして、OMソーラー 飯田社長の基調講演、

OM総合保証の総会、

合間に会場の後方部に設けられた、

新バージョンのOMの実機や、

シュミレーションソフト、建材等々の展示も見ながら、、、

と続く、

夜は、30周年記念式典、、、

当社はOMに加盟したのが、1996年8月なので、

もうすぐ21年目になるのだが、

懐かしい方にもお出会いできたのである。

 

そして、2日目、

朝から、広告、販売、

施設建築の木造化への取組、

技術の報告、発表、

そして、いろいろな大学の、

OMの研究に携わってきた若手研究者による、

パネルディスカッション、、、

最前線の情報満載、盛り沢山の内容であった。

消化、整理するのに、少々時間が掛かりそうなのである。

 

今回の、全体のテーマは、

新しい”OMらしさ”の探求”

 

太陽熱を始めとする、自然エネルギーを、

住宅や建築へ利用するべく、

ハードの部分、

新しい技術の開発、進化していく部分と、

そして変わらない、

考え方、ソフトの部分、、、

OMの考案者である奥村昭雄の、

建築と自然との共生、

大きなデザインという考え方、、、

「おもしろい、もったいない」という考え方を、

持ち合わせながら、、、

ということが、大事であると思うのである。

 

 

 

 

 

2017年07月12日 【

第32回OM全国経営者会議in浜松

昼、12時過ぎ、、、

久しぶりの浜松駅を降り立った。

外は初夏を思わす天気、なのである。

目前にそびえ立つのは、

浜松のシンボル、、、超高層ビルである、

アクトタワーなのである。

そして、その下層にある、

オークラアクトシティホテル浜松、

ここで開催される、

第32回OM全国経営者会議in浜松に、

出席する為に、訪れたのである。

第32回とあるが、今年で、

OMソーラーが30周年を迎えたのである。

今年も、数々の発表、

記念公演、基調報告、広告、広報、

施設建築への取組、新たな取組や、研究、

技術の報告、展示、懇親会等々、

盛り沢山の内容が繰り広げられる、のである。

 

 

2017年07月11日 【

もとからあったような空間。

工事前から見続けていた、

ビュー、、、

部屋の中心から奥から、

外に向かってへの、ビューなのである。

工事完成した、のである。

空間、開口部、内外のつながり共々、

実にすっきりと納まったのである。

 

床、壁、サッシ、

そして、新規の木デッキ、

部分部分を見ると、改新、、、

新しくなっているのだが、

もとからある部分である、天井、

設えられたソファとも馴染み、

目新しい感じがしないのである。

全体の雰囲気というか、

なんとなく、落ち着いた感がある。

もとからあったような空間に感じるのである。

 

古梁が浮き立つ家 改造2017

2017年07月10日 【

BRUTUS 「建築を楽しむ教科書」

コンビニで、通りすがりに発見、、、

思わず買った雑誌、

BRUTUS 「建築を楽しむ教科書」

近代からの、日本における建築の大きな流れ、系譜を、

建築家を紹介しながら、紐解く、、、解説されている、

などなど、、。

脳へのカンフル剤、、、

なかなかの、

おもしろい雑誌、号なのである。

 

2017年07月09日 【

床のクリアー塗装

内部の工事は、ほぼ完了、

工事中の埃を取る、清掃をしてから、

ロシア唐松の節有り、140巾の床板に、

塗装が住まい手さんにて、施された。

色は付けない、いわゆる、クリアー塗装。

塗料は、プラネットカラー社のハードクリアーオイル、

1回塗り、、、そして、すぐさま拭き取るのである。

まだ、日焼けしていない、白っぽい木の色、

塗る前と比べると、

少し、濡れた感じに変わる。

赤実の部分、木目が若干、浮き立ち、

深みのある感じと、なったのである。

 

古梁が浮き立つ家 改造2017

 

2017年07月08日 【

海へ。

早朝4時過ぎ起床、5時半に集合、

そして、6時前に到着、

知る人ぞ知る、

若狭湾、宮津市の、

島陰漁港に降り立ったのである。

 

15年ほど前から、

家づくりに関わられていただいている、

住まい手さんから、

ありがたいことに、お誘いいただき、

そして、いやはや、

段取りまでしていただいた、、、のである。

 

住まい手さんと、私と、専務、、、

完全なるオフモード、、、

このようなシュチレーションは、

なかなかない、、、

初めてなのである。

住まい手さんと旧知の仲の、

海の道先案内人、船頭さんが、

お出迎え、

即座に、船に乗り込む、、、

そして、海へ、なのである。

この時期は、キスがあがるとのこと。

船に乗り込む時に、

私のクーラーボックスの、

取手部分が割れ、あわば、

護岸と船の間に落ちそうになるという、

アクシデントがあったが、、、

まずは、出港、

船頭さんの定めたポイントに位置取り、

天秤という釣り方、

釣り糸を垂らせば、、、

すぐさま、ヒット、キスが釣れたのである。

そして、今度は、、、

少し、引きが強い、、、

魚形が違う、、、

立派なカワハギが釣れたのである。

ということで、

おだやかな日本海の海原、

おだやかな波間越しの自然の風景を見ながら、、、

そして、住まい手さんと船頭さんの、

ウエットに富んだ会話も織り交ぜながら、

快調に釣れる、、、のである。

自然の営みを感じながら、まさに、

リフレッシュする、、、

なかなかの、いい時を、

いい経験を、させていただいたのである。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年07月07日 【

デッキのひと手間

まるで、縁側のように、

伸びる、デッキ、

施工中なのである。

床板が乗っかる大引、幕板の、

上面には、ひと手間、加える。

強力な防水テープを張るのである。

ひと手間といっても、

かなり重要、、、

材は水に非常に強い、

WRC(ウエスタンレッドシーダー)材、

かなり持ち堪えるのだが、

雨風がよく当たる部分は、

年季が経って来ると、

床板と大引きの接面部に、

傷み、腐れが出てくる、、、

床板の取り替えだけでなく、

大引きも傷み、腐れが出てきている場合が多いので、

大引きも新しくする必要が出てくる、、、となる、

ほぼ、全面的にやり変えることとなるのである。

床板と大引きの接面部分に水気が留まり、

いわば湿潤状態になり、相乗効果で、

お互いの木部が腐ってくるからなのである。

そこで、テープを張ることで、

木同士の接面している状態でなくなり、

相乗効果がなくなり、

腐りやすい状況でなくなるようにするのである。

これで、格段にデッキの耐久性が上がると思われる、、、

そんな、ひと手間なのである。

 

古梁が浮き立つ家 改造2017

 

 

2017年07月06日 【

欄間をFIX窓に。

サッシを新しくする、、、

引き違いの欄間戸を、

クリアーのペアガラスの、

FIXにする。

枠は、アルミでなく、

現場施工の木枠、、、

既存の木枠も利用しての、

木枠となるのである。

この、クリアー感、

いい感じに仕上がってきたのである。

 

古梁が浮き立つ家  改造2017

2017年07月05日 【

出来て来た。

だいぶ、出来て来た、、、

開口部が改新され、

床面の再構築も既に完了、

新しい材に入れ替わっている。

まだまだ、

床に、養生の薄べニアが、

張り巡らされているが、、、

本日から、

内装屋さん、、、

壁紙が張り巡らされる、

まずは、下地処理、、、

パテ処理等々、、、

そして、

サッシの外は、大工さんにより、

綿密な板割りの上、

デッキがWRC(ウエスタンレッドシーダー)材にて、

構築される、、、のである。

 

古梁が浮き立つ家 改造2017

2017年07月05日 【

なかなかの、アプローチ

時の経過を超え、

存在し続けるであろう、、、

木の枝、葉々、、、

をくぐり抜けながら、

アプローチする。

自然に生かされ、

自然の中で生きている、、、

そんなことを、再確認する、、、

なぜか、背筋もしゃんとしてくる。

そんなことを感じさせてくれる、、、

なかなかの、

アプローチなのである。

ぐぐっと、くるのである。

 

閑雲居

 

2017年07月03日 【

全てがピクチャーウインドー

新緑の頃、

まさに、初夏の天気、、、

窓辺の風景が、

艶やかに映る、のである。

全ての窓がまさに、

絵のようになる、、、

まさに、ピクチャーウインドーの、

様相なのである。

いわば、窓枠が、

四季折々の、風景を映し出す、

額縁となるのである。

 

閑雲居