家をつくる。暮らしをつくる。船越工務店

OMソーラー

OMソーラーについて

日本の家は古来より、季節や自然の移ろいに寄り添いながら、心地よい暮らしを育んできました。それが近代以降、欧米型の“高断熱・高気密”の建築様式が広まり、冷暖房設備によって人工的な快適さを享受するライフスタイルが主流となりました。空間を遮断することで得られる温度の一定した環境では、自然との交流は希薄となり、住む人の暮らしに対する関心も損なわれていきます。OMソーラーは、外部の自然環境をうまく取り入れながら、かつての日本家屋のように四季折々の豊かな変化を楽しめるパッシブデザインの家です。
家と、家の外の境界を柔軟にとらえて、人にも地球にもやさしい、快適な暮らしを生み出す。そんな家づくりを、OMソーラーはめざしています。

natural materials

OMSolorHouse

しくみ

屋根への日射を利用して、集熱パネルで空気を温めます。
温まった空気を床下へ送り、蓄熱コンクリートに蓄熱しながら家全体を床から穏やかに床暖房します。
外気を暖房に利用するため、常に暖かい新鮮な空気で換気します。
夜間から明け方にかけては、蓄熱コンクリートからゆっくり放熱。
居室だけでなく、廊下や脱衣所など部屋間の温度差が少ない居心地のよい室内環境をつくります。

屋根で温めた空気を小屋裏から排気します。
主に春から秋にかけて、温められた空気を使ってお湯を沸かします。
お湯の温度は、約300Lの貯湯槽に貯めた水が、約50℃になります。
浴槽にお湯を張ったり、シャワーに使えます。

夜間には、地域にもよりますが放射冷却を利用して、冷めた空気を取り込みます。
夜間に窓を閉め切っていながら換気をしています。
※地域により放射冷却の程度は異なります。

OMSOLAR
OM-SOLAR
OM-SOLAR

お問い合わせください。