家をつくる。暮らしをつくる。船越工務店

家庭で消費するエネルギーのうち、約半分が暖房と給湯によるものです。暖房や給湯で必要とする温度は20℃~40℃、この程度の温度であれば、わざわざ電気やガスを使わなくても太陽の熱で何とかなると考えたのがOMソーラーです。
OMソーラーは屋根にあたる太陽の熱で外気をあたため、その空気を小さなファンで床下に送ることで1階の床全体をあたためます。床暖房の効果によって室内の上下間の温度差や、部屋間の温度差が小さくなり、開放的な大空間や吹き抜けでも快適に過ごせます。また、太陽の熱と一緒に新鮮な外気を取り入れるため、暖房と同時に換気ができるのも大きな特徴です。
また、春から秋までは太陽の熱を利用して1日約300ℓのお湯を沸かすことができます。

OMソーラーのある暮し

  • 足元からぽかぽか。
    自然でやわらかな暖かさ。

    床からの放射熱で家全体をあたためるため、エアコンのような気流が発生せず、頭のあたりだけぼーっとして足元が冷える、といったことがありません。
    太陽熱を利用した床暖房は電気やガス式とは違う自然でやわらかな暖かさが得られ、乳幼児や高齢者にもやさしく安心です。全国で約230棟の保育施設・高齢者向け施設に採用されています。
  • 冬の脱衣所も
    冷やっとしない。

    家全体をあたためる全館床暖房のため、リビングはもちろんキッチンや脱衣所、トイレ、廊下まであたたかく、間仕切りの少ない広々とした空間でも温度ムラを感じず快適に過ごせます。部屋を移動しても温度差が小さいため、掃除や洗濯など日々の家事の負担をやわらげ、冬の室内で起こりやすいヒートショックのリスクも低減します。
  • 朝も夜も。
    一日中ずっと暖かい。

    太陽が出ている間は常に外気を温めながら室内に取り込んでいるため、買い物や仕事から帰って家に入れば、エアコンなどのスイッチを入れなくてもほんわり暖かい空気が出迎えてくれます。
    さらに、蓄熱の効果で日没後から朝にかけても暖かさが持続。朝、布団から出るときも、夜更かしをして趣味をたのしむときも快適に過ごせます。
  • 春から秋はお湯を沸かして、
    給湯代を節約。

    暖房のいらない季節は太陽熱を利用して40~50℃程度のお湯を1日に約300リットルつくります。洗い物や入浴で使用するには十分な温度と量をまかなうことができ、給湯にかかるガス代・電気代を削減します。
  • 家じゅういつでも、
    きれいな空気。

    外気を温めながら室内に取り込むため暖房と同時に換気ができます。閉めきった部屋で暖房をしているときの、もわっとした嫌な空気感がなく、ペットや料理などの生活臭もこもりません。
    また、暖かい空気がたえず家の中を循環しているので結露が発生しにくく、日々のお掃除もラクに済みます。
  • 夏の夜は、
    さらっと爽やかに。

    夏の晴れた日の夜は、屋根の放射冷却を利用して外気を冷やしながら室内に取り込みます。就寝時に窓を開けずに外気取り込みができるので防犯上も安心です。
  • 家庭で使う
    電気をまかなう。

    専用の太陽光発電パネル(OMクワトロソーラー)を組合わせることで太陽の熱と光の両方を活用し、暖房・給湯・換気・発電をします。太陽熱に加え発電時に発生する熱も暖房・給湯に利用することで、太陽光発電パネルの温度上昇による発電効率の低下を抑制します。省エネ+創エネによってゼロエネルギーの住まいも実現できます。
  • 暖房・給湯費を大幅削減。
    家計にも地球にもやさしい。

    家庭で使うエネルギーの用途割合(資源エネルギー庁「平成23年度エネルギー白書」)によると暖房と給湯だけで家庭で使うエネルギーの半分以上を占めています。OMソーラーは暖房と給湯のそれぞれ約半分を太陽熱でまかない、光熱費を大幅に削減します。

OMソーラーのしくみ

しくみ

屋根への日射を利用して、集熱パネルで空気を温めます。 温まった空気を床下へ送り、蓄熱コンクリートに蓄熱しながら家全体を床から穏やかに床暖房します。 外気を暖房に利用するため、常に暖かい新鮮な空気で換気します。 夜間から明け方にかけては、蓄熱コンクリートからゆっくり放熱。 居室だけでなく、廊下や脱衣所など部屋間の温度差が少ない居心地のよい室内環境をつくります。

屋根で温めた空気を小屋裏から排気します。
主に春から秋にかけて、温められた空気を使ってお湯を沸かします。
お湯の温度は、約300Lの貯湯槽に貯めた水が、約50℃になります。
浴槽にお湯を張ったり、シャワーに使えます。

夜間には、地域にもよりますが放射冷却を利用して、冷めた空気を取り込みます。 夜間に窓を閉め切っていながら換気をしています。 ※地域により放射冷却の程度は異なります。

※表記金額は製品本体価格です。施工費、付属品は建築地の条件や建物仕様によって異なります。

お問い合わせください。