家をつくる。暮らしをつくる。船越工務店

全館暖房の快適さをエアコンで

建築と一体で考えられたパッシブエアコンなら、不快な風や屋内の温度差に悩まされない、快適な温熱環境をつくりだします。熱と空気をデザインするOMソーラー30年の実績から生まれたエアコンを、これからの日本の家の標準へ。

冬の空気の流れ

冬は足元から家中ぽかぽか
ヒートショックの心配も無用

パッシブエアコンによる暖房の特徴は、暖かい空気が足元から全館に流れること。家全体がムラなく温められるので、足元がひえてしまうこともなく、部屋の温度差によるヒートショックの心配もありません。

夏の空気の流れ

夏はサラリとした涼風で
高原のような心地よさ

局所的な冷房でなく、冷たい空気を頭上から室内へ均一に送 ることで、最適な温熱環境を実現します。

ご提案したいのは未来の標準住宅。

パッシブデザインが快適性と
省エネ性を両立する

床暖房や全館暖房はエネルギーを大量消費するのでは―。そんな思いを持っている方も多いでしょう。しかし、元々パッシブデザインで建てられているパッシブエアコンの家は、一定に断熱や気密の性能を持ち、自然と応答することで快適さの基本性能を高めています。それとともに、住まい手が暮らしに積極的に関わることで、快適性と省エネ性を高次元で両立します。

環境と応答する住まいは
五感に気持ちいい

床暖房や全館暖房の快適さをパッシブエアコンだけに頼っていては本末転倒です。春や秋など気持ちの良い季節は窓を開け放ち、夏や冬も風や陽射しを積極的に採り入れ、五感で心地よさを味わいたいものです。パッシブエアコンはパッシブデザインの家で、パッシブな暮らしを支えるエアコンです。

住まいの温熱環境を科学する

快適さは
床や壁の表面温度で決まる

そもそも心地よさや快適さはどうやって得られるのでしょうか。一般的な快適さの指標として室温に注目しがちですが、私たちは床や壁の表面温度による体感を重視しています。気流感や温度ムラを感じさせない放射環境が心地よさをもたらすからです。

CFD解析によるPassivAirconと
壁掛けエアコンの温まり方の違い

精緻な気流や熱移動のシミュレーションをコンピューター上で行うCFD(Computational Fluid Dynamics)で、ダクトで床下から暖気を送るPassivAirconと壁掛けエアコンそれぞれの場合で、熱量投入時における部屋中央付近の断面温度分布の解析を行いました。温度を色で、気流の強さを矢印で表しています。

《解析条件》外気温:5℃ 投入熱量:2300W PassivAircon風量:720㎡/h 壁掛けエアコン風量:360㎡/h×2台
《建物仕様》木造2階建て 床面積:98㎡ 外皮平均熱貫流率 Ua値:0.46W/㎡k

血圧の上昇を抑えるためにも
室温管理は重要

最新の健康住宅に関する調査から、温度差の少ない環境が住まい手の血圧を安定させることが分かってきました。特に脳卒中や心筋梗塞などは、早朝から午前中に多く起こることから、その予防のためにも室温管理が重要であることが指摘されており(※1)、その対策としても全館暖房は非常に有効です

※1:「住まいと健康」に関する共同調査
—OMソーラー株式会社、慶應義塾大学理工学部、自治医科大学循環器内科学部門、オムロンヘルスケア株式会社—
2015年4月21日、および12月22日発表より。

寝室の室温と
収縮期血圧(起床後)の
関係の具体例(50歳以上のケース)

下図は冬季の就寝時の寝室の室温と、起床後に居間で測定した家庭血圧に関する実測結果の分析結果。就寝中の寝室の平均室温が10℃低くなると、朝の平均収縮期血圧は7mmHg高くなる傾向が見られた。また高さ1.1mの室温が10℃低下した際の血圧上昇が平均5mmHgに対し、床上10cmの室温が10℃低下した際の血圧上昇が平均9mmHgという結果も得られ、足元の冷えが血圧の上昇に大きく影響を与える傾向が見られた。

※表記金額は製品本体価格です。施工費、付属品は建築地の条件や建物仕様によって異なります。

お問い合わせください。